生田絵梨花のソロ1stEPは、ピアノを使ったアイデンティティを感じる作曲を紹介します。

ニュースの要約

– 生田絵梨花が「capriccioso」を制作
– ステイホーム期間で音楽を学び、デビュー
– 自作曲の作詞作曲に挑戦、ピアノ弾き語り

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/cb4821badf093070b263d8bfc499df248f8caa5b

生田絵梨花、ソロ1stEPではピアノ一本で作曲「弾き語りはアイデンティティ」

生田絵梨花が、1stEP『capriccioso』を4月10日にリリースし、ソロデビューを果たしました。

コロナ禍のステイホーム期間で音楽に再び没頭し、それがデビューのきっかけとなったと語る彼女に、制作のエピソードやソロデビューへの思いを聞いてみました。

タイトルの「capriccioso」は“気ままに”“気まぐれに”という意味の音楽用語であり、自分の気持ちと、リスナーに気軽に楽しんでもらいたいという想いが込められています。

本作には自身が作詞作曲した楽曲が中心で、歌とピアノで日常に寄り添う音楽が詰まっています。

生田はコロナ禍のステイホーム期間をきっかけに作詞作曲に興味を持ち始め、独学で初めての楽曲「No one compares」を形にしました。

ピアノ一本で作曲するスタイルは今も変わらず、彼女にとって“弾き語り”は大切なアイデンティティとなっています。

デビューアルバムには藤井風さんの「ガーデン」カバーも収録され、新しいジャンルへの挑戦が詰まっています。

未だかつてリリースしたことのない自身の曲を含む作品は、彼女にとって特別な思い出になることでしょう。

ニュース見てると時間が溶ける。気になることばっかり!

生田絵梨花のソロ1stEP:ピアノ一本で作曲した弾き語りアイデンティティ ニュースについての感想

生田絵梨花が、デビューのきっかけは音楽を学んだステイホーム期間だったと明かし、自身のアイデンティティを込めた初のEP『capriccioso』を4月10日に発売!

ピアノ弾き語りが魅力的な作品に仕上がっていて、自分で作詞作曲も務めているんだって!

やっぱり音楽に向かい合うって楽しいんだね~。

生田絵梨花のソロ1stEP:ピアノ一本で作曲した弾き語りアイデンティティ ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

生田絵梨花、ソロ1stEPではピアノ一本で作曲「弾き語りはアイデンティティ」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

ピアノ弾き語りでソロデビュー

ピアノを弾きながら自ら歌う形式の音楽活動を行い、ソロでのデビューを果たすこと。自身の楽曲を披露するだけでなく、カバーソングを独自のアレンジで演奏することも多い。生演奏による繊細な表現や、アコースティックな響きが特徴とされる。

作詞作曲でディズニー100周年を祝う

ディズニー100周年を祝うために作詞作曲が行われる。多くのアーティストやファンが参加し、ディズニーの名曲を再演する予定。記念イベントやプロモーションも展開され、世界中で盛り上がりが期待される。

ピアノ弾き語りデビュー

ピアノ弾き語りとは、一人でピアノを弾きながら歌うパフォーマンスのことを指します。ピアノの弾き語りは、自分の歌声とピアノだけで表現するため、アーティストの個性や感情がより鮮明に伝わります。デビューするにあたっては、適切な曲の選択や練習が重要です。

ピアノ弾き語りのコロナ禍

ピアノ弾き語りのコロナ禍では、ライブイベントやライブハウスが制限を受ける中、自宅でのオンライン配信が増加。アーティストやファンが新たなコミュニケーションの形を模索し、音楽を通じて支え合う機会が広がっている。

ディズニー100周年を祝う楽曲発表

ディズニーが100周年を迎え、記念として新たな楽曲を発表。これまでの名曲をアレンジしたり、新たな楽曲を制作したりして、ディズニーの世界観や魅力を再確認する機会となる。ファンにとっては、感動と共に新たな興奮を味わえる一曲となること間違いなし。

  • URLをコピーしました!