小川絵梨子と上村聡史演出の新国立劇場「デカローグ」、ラストを飾る第7~第10話が開幕します。

ニュースの要約

– デカローグ 7~10の舞台版が完結
– 10編の連作集、旧約聖書の十戒をモチーフに
– 各プログラムはテーマに沿った独立した物語

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b5bc881d115ac4ae63a955240bfb037f3e3fe6a2

小川絵梨子・上村聡史演出の新国立劇場「デカローグ」、掉尾を飾る“7~10”が開幕

6月22日に東京・新国立劇場 小劇場で、「デカローグ 7~10」が開幕しました。

これは、旧約聖書の十戒をテーマにした作品で、10編の連作集です。

物語は1980年代のポーランド・ワルシャワの団地に住む人々を描いています。

今年4月から上演されてきたシリーズがついに完結します。

今回のプログラムでは、「盗むな」「偽証するな」「他人の妻を欲しがるな」「他人の財産を欲しがるな」といったテーマを扱っています。

上演時間は約2時間20分と約2時間15分で、7月15日まで公演されます。

7月8日には観客と作り手が交流する「ギャラリープロジェクト」の一環として、トークセッションが行われます。

出演者のコメントには、感謝の気持ちや作品への思いが込められています。

舞台版「デカローグ」の素晴らしさをお楽しみいただければと思います。

さてさて、もう少し調べてみるとするか。気になって眠れねーっつーの!

小川絵梨子・上村聡史演出「デカローグ」掉尾、第7~10幕が開幕 ニュースについての感想

「デカローグ 7~10」が昨日、開幕したんだって!

旧約聖書のテーマを元に、1980年代のポーランドが舞台なんだって。

最終章は「盗んではならない」「嘘をついてはいけない」「隣人の妻を欲してはダメ」「隣人の財産を欲してはダメ」をテーマに展開してるらしいよ。

ぜひ劇場に遊びにいってみたいね!

小川絵梨子・上村聡史演出「デカローグ」掉尾、第7~10幕が開幕 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

小川絵梨子・上村聡史演出の新国立劇場「デカローグ」、掉尾を飾る“7~10”が開幕 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

デカローグ7-10

デカローグ7-10: 第7番目では、隣人を尊重し、その所有物を大切に扱うように努めることが求められます。第8番目では、他人の名誉や評判を傷つけないようにし、偽証を行わないように命じられています。第9番目では、他人の配偶者を欲望にとらわれないようにし、第10番目では、他人の持ち物や地位を羨まずに自分の立場で満足することが重要とされています。

プログラムD・Eの交流展示

プログラムD・Eの交流展示は、新しいアイデアや技術をシェアし合う場を提供し、参加者同士が有意義な交流を深めることを目的としています。展示では、最新のプロジェクトや成果物が紹介され、参加者はその内容についてディスカッションを行うことができます。展示の詳細や参加方法については、公式ウェブサイトをご確認ください。

ワルシャワの交流

ワルシャワはポーランドの首都であり、歴史的な建物や芸術文化が豊かな観光地として知られています。また、ワルシャワはEU加盟国の中心地でもあり、ビジネスや学術、文化の交流が盛んな都市です。

ポーランド交流プロジェクト

ポーランド交流プロジェクトは、日本とポーランドの文化交流を促進し、両国の友好関係を深める取り組みです。言語、食文化、伝統芸術など、両国の多様な要素を通じて両国民の相互理解を図り、交流を活発化させることを目的としています。

ワルシャワのクシシュトフ・キェシロフスキ

ポーランド出身の映画監督で、代表作には『三色』三部作や『運命の瞬間』があり、欧州映画界で高い評価を受けている。彼の作品は人間の複雑な心理描写や哲学的テーマを描き、作風の繊細さと深さが特徴的。

  • URLをコピーしました!