東出昌大、過酷な砂漠体験記!標高4000メートル越え&気温差42度の2日間の冒険

ニュースの要約

– ABEMA「世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた」第9回、明日23日午後9時放送
– ローカル路線バスやヒッチハイクで南米横断を目指す
– 体調不良や急激な気温変化など過酷な状況に挑む東出とひろゆき

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/33f115d6d520d6f608a00a707e869660ac1c6a91

東出昌大、人生初砂漠に大はしゃぎ 標高4000メートル越え&気温差42度の過酷移動2日間で“島”へ

ABEMAの「世界の果てに、○○置いてきた」シリーズ第2弾『世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた』の第9回が、明日23日の午後9時から放送されます。

番組では、俳優の東出昌大と西村博之(通称:ひろゆき)が、ローカル路線バスやヒッチハイクなど陸路のみで南米横断を目指すドキュメンタリーバラエティーが展開されています。

2人の旅は12日目を迎え、イカでは現地のガイドである青年に案内され、砂漠のバギーツアーを体験します。

2人はバギーに乗り込む際に、ひろゆきがベルトが厳重すぎると心配を口にしました。

その後、広がる砂漠の景色に感慨を覚え、ひろゆきは以前訪れたナミブ砂漠を思い出します。

一方、初めての砂漠体験となる東出は大はしゃぎしています。

その後、10時間かけてカマナ、8時間半かけてプーノへと移動しました。

バス移動の疲れから、東出は語彙力を失い、ひろゆきも身体が重いと感じています。

標高4000メートルを越えるバスの車内では、急激な気温の変化に驚いた2人は、ウロス島を目指して過酷な大移動を続けます。

ニュース情報、GETせずにはいられない!気になって仕方ない病だ・・・

東出昌大、砂漠で感動の2日間&過酷移動、“島”へ挑む ニュースについての感想

ABEMAの『世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた』第9回が明日9時から放送!

南米横断の旅で砂漠のバギーツアーに挑戦する2人は大興奮。

長距離バス移動で語彙力崩壊の東出と身体重いひろゆき、そして急激な冷え込みに大騒ぎ!

果たして彼らが目指すウロス島はどんな場所なのか。

東出昌大、砂漠で感動の2日間&過酷移動、“島”へ挑む ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

東出昌大、人生初砂漠に大はしゃぎ 標高4000メートル越え&気温差42度の過酷移動2日間で“島”へ のニュース内容を理解するのにお役立てください!

南米横断:冒険の旅

南米大陸を横断する冒険の旅は、自然の美しさや文化の多様性を存分に堪能できる。アンデス山脈やアマゾンの奥地、マチュピチュ遺跡など見所満載で、体力と気力が試されるが、その先には思い出に残る素晴らしい体験が待っている。

標高4000メートル超の砂漠バギーツアー

砂漠の広大な景色を眺めながら、バギーでスリル満点のアドベンチャーツアーを楽しむことができる。ツアーガイドが安全を確保し、様々なルートを走破することで、参加者は非日常の体験を楽しめる。

南米横断「長距離移動」

南米を横断する長距離移動は、豊富な景色や文化の変化を楽しめる一方、交通手段や安全面の課題も存在し、計画と準備が重要。

ウロス島発 標高4000m超ツアー

ウロス島発のツアーは標高4000mを超える高所登山を楽しめる。山岳好きや冒険心旺盛な人におすすめで、絶景や自然の美しさを存分に楽しめるツアーだ。

ウロス島ツアー

ウロス島は、ペルーのティティカカ湖に浮かぶ人口2000人の島々で構成されたインディオスのコミュニティです。伝統的なトトラと呼ばれる草で作られた島々は、観光客に人気の観光スポットとなっています。

  • URLをコピーしました!