M-1ラストイヤーのロングコートダディ・兎、突然の驚きの告白に川島明も驚き

ニュースの要約

– ロングコートダディがM-1グランプリ2024の開催記者会見に出席
– 兎も堂前も決勝への意気込みを語るが、兎はガチガチ
– M-1グランプリは15年以内のコンビが参加可能。優勝賞金は1000万円。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/012ee17fe6f036d44c6d726305dc9cfd99f2be93

『M-1』ラストイヤーのロングコートダディ・兎「堂前の横でできるのもラストかな…」 突然の告白に川島明も驚き「解散?」

お笑いコンビ、ロングコートダディ(堂前透、兎)が26日、都内で行われた漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2024』の開催記者会見に出席しました。

2人は決勝に常連していますが、今回が彼らにとってラストイヤーとなります。

堂前は「ちょっとM-1を研究してみようかと思って、昨年のお笑いコンビ、さや香が決勝で披露したネタを参考にしています」と意気込みを語りました。

一方、兎は少し硬い様子で、「決勝の舞台での4分間、またあの真っ白な状況に立ちたいですね」と目を細めて話しました。

司会の麒麟・川島明から「もう一度最初からやり直しませんか(笑)?今でも真っ白ですよね」と言われ、会場の笑いを誘いました。

しばらくは場を和ませた兎でしたが、「漫才をずっとやってきて、堂前と一緒にできるのもラストかな…」とつぶやき、会場がざわめきました。

その後、堂前が川島からのジョークに笑わせ、場を和ませました。

この大会では、プロ・アマ問わず、所属事務所にも限らず、2人以上で結成された15年以内のコンビ(2009年1月1日以降に結成)が参加できます。

エントリー受付は本日26日より開始され、1回戦は8月1日からスタートします。

決勝戦は12月にABC・テレビ朝日系で生放送され、優勝賞金は1000万円となっています。

会見の司会を務めたのは、麒麟・川島明と斎藤真美アナウンサー。

ゲストとして、『M-1グランプリ2023』の王者、令和ロマンをはじめ、ヤーレンズ、マユリカ、真空ジェシカ、カベポスター、モグライダー、ダンビラムーチョ、ロングコートダディ、トム・ブラウン、ダイタク、フースーヤ、ナイチンゲールダンスが参加しました。

さてさて、もう少し調べてみるとするか。気になって眠れねーっつーの!

「M-1ラスト年のロングコートダディ・兎」 ニュースについての感想

ロングコートダディがM-1グランプリ2024の記者会見でラストイヤーを発表!

兎の緊張ぶりに笑いあり、堂前の提案で会場は盛り上がり!

解散?と場を和ませるやり取りも。

エントリー受付はスタート、決勝の舞台を目指し熱戦が繰り広げられる!

「M-1ラスト年のロングコートダディ・兎」 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

『M-1』ラストイヤーのロングコートダディ・兎「堂前の横でできるのもラストかな…」 突然の告白に川島明も驚き「解散?」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

M-1グランプリ優勝記念

M-1グランプリはお笑いコンビが対決し優勝するコンテストであり、優勝するとそのコンビの知名度が上がり、仕事のオファーが増える。優勝記念としては、テレビ出演やコンサートなどのステージに立てる機会が与えられることが多い。

ネタ研究のラストイヤー

ネタ研究のラストイヤーは、クリエイティブなアイデアを最後まで追求し、新たな発見や驚きを見つけることを目指す取り組みであり、最終的には新たなソリューションやアプローチを生み出すことが期待される。

ネタ研究の成果

ネタ研究の成果は、ユーモアセンスを磨くだけでなく、創造力や発想力を育む効果がある。常識にとらわれずに問題にアプローチすることで、新たな発見やアイデアが生まれる可能性が高まる。

ネタ研究の成果

ネタ研究の成果は、ユーモアや興味深い情報を織り交ぜたコンテンツを作成するための基盤となる。独自の視点や洞察力を養い、読者の興味を引く情報発信を実現する。

M-1グランプリ 参加組数

M-1グランプリは、毎年お笑い芸人が参加する日本最大のお笑いコンテストで、参加組数は年によって異なりますが、約500組前後がエントリーしています。

  • URLをコピーしました!