柴田英嗣が明かす、芸人以外の意外な職業告白「プロの道を考えていた時もあった」

ニュースの要約

-「アンタッチャブル」の柴田英嗣が芸人引退を考えた過去を明かす
-相方の山崎弘也が社会への疑問を追及する「ジャーナリスト山崎」新企画
-「サンドウィッチマン」伊達みきおも山崎も、過去のアルバイト経験について明かす

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f9b1e57e0e97c7d8e6897f0dde6506806e6165a6

アンタ柴田英嗣 芸人がもしダメだったら…考えていた意外な職業告白「考えた…プロの…」

お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣(48)が25日放送のテレビ朝日「証言者バラエティ アンタウォッチマン!」(火曜後11・45)に出演しました。

柴田は、過去に芸人引退を考えた経験について語りました。

この日は相方の山崎弘也が新企画「ジャーナリスト山崎」で社会への疑問を取材し、「芸人はなぜ辞めるとラーメン屋さんになるのか?」という疑問に迫りました。

山崎からアルバイト経験を尋ねられた「サンドウィッチマン」の伊達みきおは、「アルバイトは30歳過ぎまでずっとしてましたよ」と答えました。

富澤も「駐車場でバイトして、結構外車に乗ってましたよ」と得意げに話しました。

伊達の言葉にツッコミが入ると、山崎と笑い合いました。

山崎は、かつて謹慎していた相方に「芸人もしダメだったら何しようかなって考えたことない?」と質問し、柴田は「考えた」と答え、「プロのダーツプレーヤーになろうと思ってた」と明かしました。

ニュース情報、GETせずにはいられない!気になって仕方ない病だ・・・

柴田英嗣が考えた意外な職業告白 ニュースについての感想

アンタッチャブルの柴田英嗣が芸人引退の過去を明かす!

ジャーナリスト山崎が芸人のバイト経験に迫る一方で、

サンドウィッチマンの伊達みきおや富澤も自らのバイト体験を明かし笑いを取る!

そして柴田がダーツプレーヤーになろうと考えていた過去を告白!

柴田英嗣が考えた意外な職業告白 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

アンタ柴田英嗣 芸人がもしダメだったら…考えていた意外な職業告白「考えた…プロの…」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

芸人の魅力

芸人の魅力は、笑いを通じて人々を楽しませるだけでなく、持ち前のお笑いセンスや独特な個性、瞬発力や即興力、そして時にはメッセージ性や深い人間性を表現することにあります。彼らの活動は日常をユーモラスに彩り、視聴者に癒しや元気を与え、時には社会問題や政治を諷刺することで考えさせる役割も果たします。

ラーメン屋のバイト経験

ラーメン屋でのバイト経験を通じて、忙しさや接客業の大変さを身をもって体験し、コミュニケーション能力や協力性を向上させる機会となった。また、調理技術や飲食業界の裏側に触れることで、食に関する知識や経験を積むことができた。

バイト経験を活かすジャーナリスト

バイト経験を持つジャーナリストは、リアルな現場経験を元に身近なテーマや人物に焦点を当てた記事を執筆し、読者の共感を呼び起こす。その独自の視点と豊富な生活体験が、新聞や雑誌などでの記事制作に活かされる。

ラーメン屋経験

私は数年間ラーメン屋で働いた経験があり、接客や調理、店舗運営に携わりました。忙しい時にはスピーディーな対応が求められる一方で、お客様とコミュニケーションを取りながら笑顔でサービスを提供することも大切だと学びました。ラーメンの種類や具材の使い方、清潔な環境づくりなど、飲食店の基本的なことを身につけました。

バイト経験を生かす新しい挑戦

バイト経験を生かす新しい挑戦では、過去の経験を活かしつつ、新しい分野や職種に挑戦することを指します。これにより、幅広いスキルや経験を積むことができ、自己成長やキャリアアップにつながる可能性があります。

  • URLをコピーしました!