“伊集院光がすしざんまい社長を助ける!築地での成功を見事に描く”

ニュースの要約

– すしざんまいの木村社長が古いしきたりに新風を吹き込んで失敗を繰り返した歴史を語る
– 24時間営業で苦戦したが徐々に成功し、深夜にも行列ができたエピソード
– 成田空港の外国人観光客にもウケて世界中から築地のすしざんまいを目指すようになる。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b595a980bf16749343311e41d85cb6ca32eeb82b

伊集院光がすしざんまい社長の助っ人「予測のつかない暴れ方」修正しつつ築地の成功を見事に代弁

東京・築地にある「すしざんまい」は、日本で初の24時間営業の寿司店として知られています。

この店の社長である木村清さん(71)が、テレビ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演しました。

木村さんは、古い慣習に新しい風を吹き込もうとして失敗を繰り返し、これまでの歴史を振り返りました。

番組では、タレントの伊集院光さん(56)がサポート役を務めています。

伊集院さんは、台本があるにもかかわらず、木村さんの突拍子もない発言に合わせて修正していくことで、“授業”の進行をサポートしています。

最初の方で、木村さんは24時間オープンしたものの深夜には客が訪れなかったことを話していました。

その際、伊集院さんが面白おかしく話を盛り上げるシーンもありました。

生徒役の若林正恭さん(45)、吉村崇さん(43)、澤部佑さん(37)、山之内すずさん(22)たちも、木村さんの行動に振り回される中、真剣に話を聞いていました。

木村さんは、最初は深夜にトラックのドライバーたちが来ることを期待していましたが、実際にはそうでもなかったようです。

代わりに銀座のママやホステスさんが集まり、深夜でも行列ができるほど賑わっていたとのこと。

また、成田空港にも外国人観光客が訪れ、その話題になったようです。

木村さんは、店の成功について語る中で、伊集院さんがわかりやすく解説し、さらに熱く語る様子が伝わってきました。

このニュースはマジで盛り上がる!話題のネタがいっぱいだね!

伊集院光がすしざんまい社長を助ける道「予測できない挑戦」築地成功の秘訣 ニュースについての感想

最初の24時間営業寿司店の社長が失敗談を伝えるテレビ出演。

伊集院光が予測不能な進行修正でサポートし、深夜に客ゼロで職人たちが反乱起こす冗談も。

脱線する木村氏に生徒たちはハラハラ。

ドライバーに代わり夜行列と外国人観光客らが店に集まり、売り上げ10億円成長するエピソードに感動。

伊集院光がすしざんまい社長を助ける道「予測できない挑戦」築地成功の秘訣 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

伊集院光がすしざんまい社長の助っ人「予測のつかない暴れ方」修正しつつ築地の成功を見事に代弁 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

成田空港で24時間営業のすし屋

成田空港には、24時間営業のすし屋があり、旅行者や地元の人々に愛されています。新鮮なネタや職人の腕前を楽しめるだけでなく、時間帯を気にせずに味わえるのが魅力です。アクセスも便利で、食事の待ち時間にも最適です。

24時間営業のすし店

24時間営業のすし店は、日中だけでなく深夜や早朝にも対応するため、忙しい人や夜勤の方にとって便利な選択肢となっています。品質や新鮮さを保つために、仕入れや調理方法に工夫を凝らす店舗も多いです。

外国人観光客におすすめの成田すし

成田すしは、千葉県成田市で人気のお寿司屋さん。新鮮な地元の魚介類を使った握りや巻き寿司が評判で、外国人観光客にも人気。店内は落ち着いた雰囲気で、日本の伝統的なお寿司文化を楽しむことができる。英語メニューや外国語対応のスタッフもいるので、言語の壁を気にせずリラックスして食事を楽しむことができる。

成田空港のすし店に外国人観光客集まる

成田空港のすし店は、外国人観光客に人気があります。その理由は、新鮮な寿司を手軽に楽しめるからです。特に日本に観光に来た外国人は、日本食を楽しみたいというニーズが高いため、成田空港でのすし店は多くの外国人客で賑わっています。

成田空港でのすし店の年商は10億円

成田空港内にあるすし店の年商は約10億円で、その人気は訪れる旅行客や地元住民から高く支持されている。飲食店が多い中で、質の高い寿司を提供することで集客を図り、売り上げを伸ばしている。

  • URLをコピーしました!