石橋貴明が帝京高と大谷翔平の対決を振り返る「松本剛が出た時の初戦が花巻東で、2年生の大谷君が…」

ニュースの要約

– 石橋貴明が母校・帝京高の甲子園予選成績を紹介
– 帝京高と大谷翔平の対戦を回顧し、大谷の投球を振り返る
– 大谷翔平の甲子園初出場時の帝京戦について述べる

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/355f0a1335d24593a94491747b38aa4ca88c9dad

石橋貴明 母校・帝京高と大谷翔平の対決を回顧「松本剛が出た時の初戦が花巻東で、2年生の大谷君が…」

お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(62)が、23日にTBSラジオ「SPORTS BULL presents 石橋貴明のGATE7」(日曜前7・00)に出演しました。

そこで、母校・帝京高とドジャース・大谷翔平投手(29)の対戦について語りました。

石橋は、「来月から甲子園の予選が始まって、我が魂である帝京が第1シードだ」と語り、東東京大会(7月6日開幕)に出場する母校・帝京高について言及しました。

また、今春の成績を振り返り、「春の都大会に優勝して、関東大会は4強だった。都大会と関東大会の準決勝までの10試合で本塁打を含む16本のホームランが打たれた」とも紹介しました。

石橋は、準決勝あたりから神宮の試合を見に行く予定で、「勝てば13年ぶりの甲子園出場になる。松本剛が主将の時以来ですよ。大谷君が投げた時の花巻東戦も思い出深い」と回想しました。

大谷は、2年夏の2011年に初出場し、帝京戦での激戦を振り返りました。

ニュース情報、GETせずにはいられない!気になって仕方ない病だ・・・

石橋貴明 帝京高と大谷翔平対決を振り返る ニュースについての感想

石橋貴明が母校帝京高の強さをアツく語る!

甲子園出場の可能性も示唆し、大谷翔平との対戦を回想。

懐かしい思い出を語る石橋が、母校の熱さと大谷の才能に感動する姿を明かす。

楽しみにしているね!

石橋貴明 帝京高と大谷翔平対決を振り返る ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

石橋貴明 母校・帝京高と大谷翔平の対決を回顧「松本剛が出た時の初戦が花巻東で、2年生の大谷君が…」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

帝京高、甲子園へ挑む

帝京高校は甲子園出場を目指し、猛練習に取り組んでいる。チームは結束力を高め、個々の力を最大限に引き出すために努力を重ねている。指揮官の戦略に基づいて、短期間で充実した戦術を習得しており、その成果を発揮しようとしている。

大谷翔平、甲子園大会

大谷翔平は、福岡ソフトバンクホークス時代に甲子園大会で注目され、その活躍がプロ入りのきっかけとなりました。

甲子園大会の熱戦

甲子園大会は、全国高校野球選手権大会の愛称で、毎年兵庫県の阪神甲子園球場で開催される高校野球の大会。日本中が熱狂する夏の風物詩であり、全国の強豪校が激突し、感動の熱戦が繰り広げられる。

松本剛、帝京高が甲子園デビュー

松本剛が帝京高で甲子園初出場を果たし、期待が高まる中、注目度も急上昇している。

スポーツの力 | SPORTS BULL

スポーツの力は、身体的健康だけでなく心の健康にも良い影響を与えることが科学的にも証明されており、チームワークやリーダーシップ、協調性などさまざまなスキルも身につけることができる。

  • URLをコピーしました!