手役アーティスト・森山茂和72歳の秘密!AIにできない味のある切り方がプロ雀士の条件【前編】

ニュースの要約

1. 麻雀界の歴史を築いたレジェンドたちの思いを語る
2. 森山茂和氏の麻雀人生と勝負哲学を聞く
3. 麻雀の奥深さ、麻雀プロの存在価値について考える

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/4ececcbea81457355f79b1d91029ad733e6c9810

“手役アーティスト”森山茂和72歳「AIにできない味のある切り方ができてこそプロ雀士」【前編】

【歴史ある麻雀プレイヤーのアドバイス】

今、麻雀が大ブームだ。

その土台を築いた偉大な人々の声を聞くべきだ。

歴史ある麻雀選手たちが自らの人生やプレイ哲学、後輩への思いを率直に語る特別連載が始まる。

2人目はプロデューサーであり、日本プロ麻雀連盟の現会長で「手役アーティスト」として知られる森山茂和(72)。

団体内では辛口ながらも情熱を伝える存在だが、まずは激動の時代や「ミスター麻雀」として知られる小島武夫(享年82)との思い出を振り返り、その美学を明かしてもらった。

山口県で生まれ、スポーツ少年として活躍していた森山は大学で麻雀に出会い、熱中するようになる。

大学卒業後は実家の店を手伝いながらも麻雀の情熱は消えなかった。

団体プロはまだ存在しない時代、新聞や雑誌に登場するプロ達を見て自らもプロになる決意をし、1977年にプロデビューを果たす。

小島の事務所に滞在するうちに、彼のサポートを受け、情報誌への寄稿や連載を通して多くの人に麻雀の楽しさを伝えてきた。

麻雀論文では「麻雀は運である」という主題で語り、その考え方は今でも変わらない。

その他にも、自らのプレイスタイルやプロとしての姿勢について述べ、モンド麻雀プロリーグでも活躍してきた。

プロとしての尊厳を守り、自分らしくプレイすることを大切にし、これからもその精神を貫くという。

むむむ!興味深い。。。これからどうなるんだろか?ドキドキしちゃうよ!

プロ雀士森山茂和の独自の切り方【前編】 ニュースについての感想

麻雀ブームの礎を築いた森山茂和が、自らの麻雀人生や勝負哲学を語る。

「カミナリ親父」的存在だけど、小島武夫との思い出を振り返りながら、麻雀の美学を解説。

スポーツ少年から始まった麻雀人生は、プロへの道へと続く。

週刊連載、ミスター麻雀との交流、そして自身の戦術論まで、奥深い麻雀の世界に触れる。

プロ雀士森山茂和の独自の切り方【前編】 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

“手役アーティスト”森山茂和72歳「AIにできない味のある切り方ができてこそプロ雀士」【前編】 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

プロデューサーの魅力

プロデューサーの魅力は、プロジェクトを成功に導くリーダーシップや組織力、アイデアや創造性を活かし、チームやクライアントとのコミュニケーション力、そして柔軟性と問題解決能力にあります。

開拓精神を持つプロデューサー

開拓精神を持つプロデューサーは、新しいアイデアや技術を積極的に取り入れ、既存の枠にとらわれない斬新なプロジェクトを展開することを得意とする。その柔軟な発想力と行動力により、常に進化し続ける市場において、他を圧倒する存在となる。

意外な一面を持つプロデューサー

プロデューサーは、ただ作品を制作するだけでなく、アーティストの育成やマーケティング戦略など幅広いスキルを持ち、クリエイティブな要素とビジネス力を兼ね備えた重要な役割を担っている。

伝説的存在、手役アーティスト。

伝説的存在である手役アーティストは、驚異的な指先の技術によって独特の芸術作品を生み出し、世界中で注目を集めています。

「手役アーティスト」- 秘められた才能

手役アーティストは、指や手を使って独創的な作品を生み出すアーティストのこと。手のひらや指先を使った独特のテクニックや表現力が求められる。指揮者やマジシャン、ピアニストなども手役アーティストの一環として位置付けられることもある。

  • URLをコピーしました!