前園真聖氏の言葉に共感!監督や指導者になる予定は”全くない”理由

ニュースの要約

1. 前園真聖氏、監督・指導者になる意思なし。
2. 選手を指導する難しさを明かす。
3. 監督としてのストレスを理由に選手の方が良いと語る。

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/fcf3bf5bb5c6d839ba31a4b18157f62ce08f8f68

前園真聖氏「イライラしそうだし…」監督や指導者になる予定「全くない」理由

元日本代表MFの前園真聖氏(50)が、23日放送のフジテレビ「なりゆき街道旅」(日曜正午)にゲスト出演しました。

監督や指導者になる予定は「全くない」と言明しました。

本人は、「野球のように引退してすぐに監督になることはできない。4~5年かけてライセンスを取る必要がある。引退してからすぐ取得はしましたが、今はやりたいとは思わない」とっきり話しました。

理由は、「選手を指導するのは難しい」と述べました。「みんなわがままだからです。基本的にわがままだから。“自分が1番”の集まりなので。教えるとイライラしそうで、私はプレーが好きだったのでサッカーをしてきました。指導するとなると違ってきてしまいます」と説明しました。

「選手たちの考え方が違うので、それを一つの方向に向けるのはとても大変だと思う。ストレスしかたまらないと感じるため、監督という職は避けたいですね。プレーヤーの方が向いていると考えています」と述べました。

ニュース見てると時間が溶ける。気になることばっかり!

前園真聖氏の指導者志望理由、「全くない」理由 ニュースについての感想

サッカー元日本代表MFの前園真聖氏(50)が指導者になる予定は全くないと断言。

選手を指導するのは難しい。

「みんなわがままなんで。

教えたらイライラしそう」と話し、自分がプレーしたいと思ってきたからだと説明。

監督のストレスはない、プレーヤーならいいという。

前園真聖氏の指導者志望理由、「全くない」理由 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

前園真聖氏「イライラしそうだし…」監督や指導者になる予定「全くない」理由 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

サッカー元日本代表の監督にライセンスを取得!

サッカー元日本代表の監督になるためにライセンスを取得しました。

日本代表監督のライセンス

日本代表監督のライセンスは、日本サッカー協会が定めるライセンス制度に基づいて取得する必要がある。JFA公認のコーチングスクールに通い、指導者としての技能や知識を習得した上で、ライセンス試験に合格することで取得できる。ライセンスの種類によって指導できるカテゴリーやレベルが異なるため、代表監督には高いライセンスが求められる。

監督ライセンス取得

監督ライセンス取得は、映像制作やイベント企画などの分野で活躍するために必要な資格であり、撮影現場やイベントのリーダーシップを取るための能力を証明するものです。取得には実務経験や専門知識が必要であり、一定の基準を満たした上で試験に合格する必要があります。監督ライセンスを持つことで、プロの映像制作者やイベントスタッフとしての活動の幅が広がり、より高度な仕事に挑戦することが可能となります。

選手指導を手掛けるサッカー元日本代表監督

サッカー元日本代表監督が選手指導を手掛ける。

ストレス解消法提案

ストレス解消法を見つけるためには、まず自分自身のストレスの原因を把握し、その原因に合った方法を見つけることが重要です。例えば、運動や趣味に没頭すること、マインドフルネスや呼吸法を取り入れることなど、自分に合った方法を見つけて日常に取り入れることが大切です。

  • URLをコピーしました!