M-1ラストイヤーのモグライダー「ジョンソン」終了に言及「M-1の熱いステージを楽しんでください!」

ニュースの要約

– M-1グランプリ2024開催記者会見
– 優勝コンビ令和ロマンとヤーレンズ登場
– モグライダーがラストイヤー、芝大輔のコメント

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/61c9ce0b589811ae1c54546af775f8a7788ab8d6

M―1ラストイヤーのモグライダー「ジョンソン」終了に言及「もうM―1しかないんですよ!」

26日に、M-1グランプリ2024の開催記者会見が行われました。

昨年優勝した令和ロマンや準優勝したヤーレンズなどが登場し、今年も優勝賞金1000万円をかけた激しい戦いが繰り広げられます。

会見には上記2組に加え、昨年決勝進出したコンビも登壇。

「モグライダー」は今年が最後の年となります。

司会の「麒麟」川島明が「昨年はちょっと、ともしげさんが仕上がりすぎてたという…」と話すと、芝大輔は「うまくいきすぎちゃったのかな。

ネタが終わった後の掛け合いで、一番笑われるんだ。

緊張を“かんちょう”って(噛んでいた)」と語りました。

昨年の7位について芝は「応援したくない次世代若手芸人ランキングの5位にランクインしてしまったので、ここは超えないとな」と述べ、「応援したくないと言われながらラストイヤーに出場するのはなかなかない」と苦笑いしました。

最後に、「『ジョンソン』も終わるらしいんでね。

もうM-1しかないんですよ、僕たちには!」とコメントし、ともしげが「分かりませんよ」と逃げると、芝は「まだ正確な情報は得ていないんです」と語った。

ニュース見てると時間が溶ける。気になることばっかり!

M-1ラストのモグライダー「ジョンソン」の引退発表 ニュースについての感想

M-1グランプリ2024の会見では昨年の面々が続々登場。

今年も熱い闘いが期待される中、モグライダーがラストイヤーということで別れを惜しむ声も。

芝大輔は昨年の反省を糧に、新たなる挑戦に臨む姿勢。

次世代に引けを取らぬようにと気合が入っている様子。

ジョンソンも終わるとの情報に言及し、M-1への思いを語る芝の真摯な姿勢に感動。

M-1ラストのモグライダー「ジョンソン」の引退発表 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

M―1ラストイヤーのモグライダー「ジョンソン」終了に言及「もうM―1しかないんですよ!」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

M-1グランプリ

M-1グランプリは、日本のお笑いコンビが対戦し優勝を競う大会であり、毎年TBSで放送されている。審査員や観客の投票によって勝敗が決定され、優勝者には賞金やテレビ出演の機会が与えられる。近年では新人コンビの登竜門としても注目されている。

令和ロマンの舞台:M-1グランプリ

M-1グランプリは、お笑い芸人による日本最大級のコンテストであり、毎年大きな注目を集めています。優勝者には賞金やテレビ出演などの豪華な特典が用意されており、多くの若手芸人が夢を追い求め参加しています。令和時代にも新たな才能が生まれる舞台として、勢いのあるお笑い芸人たちの活躍が期待されています。

モグライダーの華麗なるダンス

モグライダーは、地下で生活するモグラの仲間たちが、地上の踊り手たちと共演して繰り広げるスペクタクルなダンスショー。繊細なアクロバティックな動きとリズミカルな音楽によって、観客を魅了する。

ネクストジェネレーションの華麗なる舞台

ネクストジェネレーションは、若手による新しいアプローチや革新的なアイデアによって、現代社会におけるビジネスや文化の発展に貢献する次世代を指す言葉であり、その活躍が注目されています。

ファイナルラスト誕生

ファイナルラスト誕生は、プロジェクトや商品の最終ステージを指す言葉であり、完成や成功を象徴しています。使われる場面は広く、映画や小説のラストシーン、ビジネスプレゼンの締めくくり、新商品の発売など、さまざまな場面で利用されています。

  • URLをコピーしました!