元力士が1年で80キロ減量し、東京マラソンを完走。「下半身ボロボロ」でもネットで称賛の声が殺到中。

ニュースの要約

– 元幕内力士の小柳亮太、東京マラソン2024で完走
– 1年で80kg減量、サブ4未達成も再挑戦決意
– SNSで感想を共有、称賛のコメントが殺到

参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/db5841febd0682d670fc72291a1ca250e49eb934

約1年で80kg減、衝撃激変の元力士が東京マラソン完走「下半身ボロボロ」 ネット称賛「すごい」「尊敬します」

元幕内力士の小柳亮太が、初のフルマラソン挑戦となった「東京マラソン2024」で5時間31分53秒のタイムで完走しました。

レース後には自身のSNSで初マラソンの感想をシェア。「目標のサブ4は達成できなかったけど、気合いと根性でなんとか完走できました」とコメントしました。

元幕内力士として知られた豊山のしこ名を持つ彼は、現役時代に体重が180キロを超えていましたが、約1年で80キロの減量に成功。マラソン競技を通じて楽しさを見つけ、今後も継続して走り続ける決意を新たにしています。

彼の投稿には多くの称賛のコメントが寄せられ、「尊敬します」「すごいです」「完走おめでとうございます」「お疲れ様でした、ナイス完走です」といった声が集まりました。

さてさて、もう少し調べてみるとするか。気になって眠れねーっつーの!

元力士が1年で80kg減、東京マラソン完走 ネットから絶賛の声 ニュースについての感想

元相撲力士の小柳亮太が初マラソンを5時間31分53秒で完走!

SNS更新で「サブ4目標は達成できず、でも完走できて良かった」と振り返り。

80キロ減量成功の彼は「マラソン楽しくて、これからもサブ4目指す!」と決意。

両足つるアクシデントも乗り越えた快挙に褒めコメント続々。

元力士が1年で80kg減、東京マラソン完走 ネットから絶賛の声 ニュースの関連情報

このニュースの重要なキーワードをわかりやすく解説します。

約1年で80kg減、衝撃激変の元力士が東京マラソン完走「下半身ボロボロ」 ネット称賛「すごい」「尊敬します」 のニュース内容を理解するのにお役立てください!

フルマラソン大会開催!

フルマラソン大会はランナーたちが42.195kmを走り切る競技。トップ選手から初心者まで参加可能で、健康促進やチャレンジ精神を高めるイベントとして人気。開催地や日程、エントリー方法は主催団体のウェブサイトで確認できる。ランニングコミュニティの交流や応援の声が参加者を鼓舞する。

元幕内力士の挑戦

元幕内力士が現役時代に培った経験を生かし、新たな挑戦に臨む姿が注目されています。彼らは引退後も格闘技やスポーツ界において指導者や解説者として活躍する一方、ビジネスや芸能界への転身を果たすケースも増えています。その過程で、人間性や努力を称賛する声も多く挙がっています。

元幕内力士がサブ4を目指す

元幕内力士がサブ4を目指す。プロスポーツ選手がマラソンに挑戦する動きが増えている中、元力士の挑戦が話題を集めている。彼の熱い想いと努力が注目されている。

元幕内力士の体重減量

元幕内力士が引退後に行う体重減量は、現役時代とは異なる方法で行われることが多い。筋力維持や健康を考慮しながらの減量が必要であり、徐々に食事内容を見直したり、適度な運動を取り入れることが重要とされている。

サブ4への挑戦

サブ4とは、ランニングにおいてフルマラソンを4時間以内で完走することを目指す挑戦であり、多くのランナーにとっての目標となっています。サブ4達成のためには、トレーニングや栄養管理、レース戦略などさまざまな要素が必要であり、地道な努力が求められます。挑戦者は自己ベストの更新を目指し、精神的な強さも重要となります。

  • URLをコピーしました!